読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インフラエンジニア徒然日記

なんちゃってインフラエンジニアです。てきとーに日々のことを記載します。

痛くてつらい蓄膿症(慢性副鼻腔炎)手術①

2016年の5月に3泊4日入院して蓄膿症の手術を受けてきました。


簡単に経緯を書くと
もともと鼻炎を持っていて、予備軍ではあったものの特に治療は行ってきませんでした。


今から6年くらい前にダイビングのCカードを取得しようと講習に参加したところ、
5mプールに潜ろうとしたところ、水深3mくらいのところで顔の額部分に激しい痛みを感じて取得を断念したところが初めての自覚症状でした
調べたところ、副鼻腔(サイナス)の痛みということでスポーツドクターのいる耳鼻科に通院したところ、レントゲンではっきりと白い影が・・・・。
※サイナスとは
http://wkp.fresheye.com/wikipedia/%E5%89%AF%E9%BC%BB%E8%85%94


ただしこの時は、ダイビング取得をあきらめて途中で通院をやめてしまいました。
その後4年前くらいに宮崎に旅行した際に飛行機に搭乗し、降下した時に蚤でぐりぐりやられるくらいの痛みを顔の額に感じました。

その時は宿泊するホテルまでぐったりしながらたどり着きどこにも観光することなく1日をつぶしてしまいました。
また、帰りの飛行機も同じ状況になったため、調べたところ「飛行機頭痛」というのが当てはまりそうだということでまたしても耳鼻科に通ったところ、レントゲンで以前より範囲が広い状態で白い影がみつかりました。ただ、この時もしばらく飛行機に乗る予定がなかったため完治までいかずに途中で通院をやめてしまいました。
※飛行機頭痛とは
http://matome.naver.jp/odai/2138208348623901801

その後、昨年夏から現在にかけて、市販の鎮痛剤ではとまらない頭痛に悩まされるようになりました。
もともと片頭痛があり、市販のロキソニンやイブやバファリンなどを常用していましたが、片頭痛とは異なり頭の中心に痛みであったため効果なしでした。。
※もうこの時点では相当蓄膿症(副鼻腔炎)はひどくなっていた模様です。

 

正直、蓄膿症(副鼻腔炎)がひどくなっていて頭痛するようになった予感はあったのですが、すぐにでも頭痛をとめたかったので、脳神経外科に通院して、片頭痛即効薬である
イミグラン」「ゾーミング」を処方してもらったところ痛みがとまったため、
上の二つの薬を服用することで、だましだまししのいでいました。

ところが、ここ最近になってお酒を飲むとほぼ確実に頭痛がするようになり、
※二日酔いにはほとんどなったことがありません。
あまりの頭痛に市販の鎮痛剤やイミグラン・ゾーミングを乱用するようになりました。
確かに頭痛はとまるのですが、薬の効きすぎか吐き気を催して嘔吐するようになりました。
また、イミグランやゾーミングといった薬はよく効くものの薬価は1錠で3割負担でも1000円!!
また副作用も多く、とくに腎臓の機能検査で引っかかるようになってきました。


ながくなりましたが、2015年末にはいってようやく本腰をいれて蓄膿症(副鼻腔炎)の治療に挑むことにしました。

長くなってきたのでまた今度に。。。