読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インフラエンジニア徒然日記

なんちゃってインフラエンジニアです。てきとーに日々のことを記載します。

痛くてつらい蓄膿症(慢性副鼻腔炎)手術④

さてさて、ストレッチャーでベッド横に連れて行かれて、
ベッドに移動するように促されるところで、目がさめます。

多分この時点では8時位。。

頭は鼓動に合わせて、偏頭痛のようになっており、ものすごい吐き気。
とりあえず頭がいたい、吐気がするので吐きたいと看護婦さんに伝えて、
座薬を投入されと持ってきてもらった桶に吐いたら血しかないという・・・
後すぐに酸素マスクをされました。
直後に今回鼻湾曲矯正の手術をしているため、削りだした軟骨をみせられましたが
そんな余裕はなく・・・


とりあえず1時間ほどしたら頭痛がとまってきたので、状況を整理、
酸素マスクを11時半まで、両方の鼻にはガーゼが大量に入っている状態
少し余裕が出てきたので妻に連絡をしました。
ちなみに面会時間は
平日は13-19時
土日祝日は13-18時

でした。

11時半には酸素マスクが取れました。
13時から水をとることがOKになりました。

13時くらいに来てくれたのですが、ちょうどその時に座薬の効果が切れてしまいました。8時間経過しないと入れられないのと、寝る直前の、夜12時くらいに入れるということで、16時くらいに座薬を入れようということになりました。

ということで妻が来てくれたタイミングくらいでちょうど頭痛が激しくなって、
16時までほとんど話せず。。ガーゼが鼻にパンパンにつまっているため、水をのんだりつばを飲み込む際に、自然と耳抜きをしようとしてできなくて違和感があり辛かったです。
また、鼻に入れているガーゼには軟膏とかいろいろ塗っているため、鼻から口に流れてきたり鼻の穴から血とともに滲んで流れてきたりで、15分おきくらいに口から唾液を吐いてました。

17時に座薬。18時くらいには聞いてきて、ようく丸一日ぶりの食事。。。
食欲自体はあるので、なんとか食べれました。

18時半くらいに妻が帰って行きましたが、20時半くらいになるとまたしても頭痛がひどくなってきて、アイスノンなどで痛みを逃がして夜12時まで耐え抜きました。
あまりの頭痛に、こんなに痛いとおもいませんでしたー。と看護婦さんにいったところ、明日は、7時に起床。8時から主治医の診察があるためそのタイミングで、ガーゼー抜きを行えばスカッとするよと言われました。
なので入院3日目(土曜日)に早朝まで我慢我慢と思いながら耐えてました。
パソコンとかスマホとかテレビすら病室にあったのですが、何も見る気にならず。
妻の心配そうなLINEも読むのも辛いと・・・

そんな感じで1日目がおわりました。
12時に座薬をいれて頭痛がなくなりましたが、寝ようとしたら鼻呼吸ができない=口呼吸となりいびきがひどくて、自分のいびきで起きるということを繰り返しました。

まぁ、今後蓄膿症の手術はしたくないなぁ・・・・とか思いました。
退院して、調子が良くなれば、喫煙とかまたしたいと思ってましたが、禁煙継続で!
と決心した瞬間であります。

まぁこんな感じで、今回は終わりたいと思います。